『プチ起業家ドットコム』のブログ記事はワードプレスを使用して書いているのですが、今日はブログ記事のカテゴリーの追加を検討してみました。というのも全く考えてなかったわけではないのですが、ブログの記事のカテゴリーをあんまり考えずにつけていたため、80記事ほどブログを書いた現在、

記事のカテゴリーのボリュームに偏りが出てきたのと、

新しく整理して分けて今後書いていきたいカテゴリーも出てきたので、

合わせて考えていこうと思ったのですが、そこでふと疑問が出てきたのでそこも解消しながら調べてみました。

1.ブログのカテゴリーの途中変更はSEO的にも大丈夫?

2.親カテゴリー、子カテゴリーに分けるのはSEO的にどうなのか?

3.カテゴリーは複数(2つ以上)選んでも大丈夫?

4.結果新しく追加するカテゴリーを考える

ブログ記事のカテゴリーに関して

ブログのカテゴリー変更は途中でしても大丈夫か?

これが一番重要な今回の問題なのですが、結論から言うと

『今現在どんなパーマリンク設定をしているか?』

で変わってくるという事です。

まず下の図を見てみて下さい。※汚い文字ですがすいませんw

例えば僕の『プチ起業家ドットコム』のブログの場合、カスタム構造チェックで

それぞれの青枠の中の『%postname%』を選択しているのですが、この青枠の中の赤丸で囲んでいる『%category%』を選ぶと問題があるという事です。

まず覚えておいてほしいのはこの『%category%』以外を選んでいるのであれば問題ないという事です。

『%category%』を選んだ場合

ただここでもし『%category%』を選んでいる場合は、例えばある記事が

https://puchikigyouka.com/カテゴリー名/123456789blog

となっている場合『カテゴリー名』を変更するとURLのアドレス自体が変更されてしまうので、記事自体が存在しなくなってしまうという事です。

アドレスが変わってしまうという事は、現在Googleの検索結果で表示されるアドレスにアクセスしても『404 not found』と表示されて記事が存在しない状態になります。※リダイレクト設定をしていれば大丈夫です。

【結論】この件の結論で言うと、まずパーマリンク設定で『%category%』を選んでいないのであれば問題ないという事と、現時点でカテゴリーページ自体が検索に表示されていて大量アクセスがある記事でなければ、カテゴリーを別の名前に変更してしまっても問題はなく、逆にカテゴリー変更により改善される可能性も高くなるという事です。


親カテゴリー、子カテゴリーに分けるのはSEO的にどうなのか?

【結論】上記と同様にパーマリンク設定で『%category%』を選ばなければ問題ありません。もしこの『%category%』を選んでいる場合に関しては、Googleの見解では、親カテゴリー、子カテゴリーが続いてURLアドレスがある場合、前の親カテゴリーを優先するようです。

例)https://puchikigyouka.com/親カテゴリー/子カテゴリー1/puchiblog

この場合、親カテゴリー単体の記事をGoogleは優先するという事です。


カテゴリーは複数(2つ以上)選んでも大丈夫?

【結論】これもいきなり結論から言いますが、『%category%』を選んでなければ大丈夫みたいです。

カテゴリーはブログ1記事に対して1つを選ぶのが鉄則のようで1記事に2つ以上のカテゴリーを付ける事自体が分かりづらいという意味でもSEO的にもあんまり好ましくないようです。

これは親カテゴリー、子カテゴリーがある中で記事をあげた場合でもどちらか1つにカテゴリーを絞るようにするという事です。


結果新しく追加するカテゴリーを何にするか?

というわけで今の現状では、ブログ記事のカテゴリーを変更しても問題ないようなので、新しく追加する以下のカテゴリーを考えてみました。

以下のカテゴリーで大事にしたのは、『プチ起業家ドットコム』のユーザーにとってカテゴリーを見た時に分かりやすくて読みたくなるようなカテゴリーという事とSEO的にも今後あげたいキーワードを意識したカテゴリーにするという両方の面から考えて決めるという事です。

そこで、出てきたのが、

転職に関して

プチ起業の始め方~起業後の会社経営まで

YouTube初心者必見・収益化までの道のり

ブログ初心者必見・収益化までの道のり

初心者必見・ブログ集客までの道のり

の5つが出てきたのですが、慎重派なのでもう数日悩んで、ユーザーとGoogleのSEO的にも最善のカテゴリーを模索しながら考えてみたいと思います。

では、今日はこの辺で。

4年後の2024年11月11日まで

あと1384日‼

僕の会社株式会社BUGSYのHPはコチラから→https://bugsy-inc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です