助手のM男くんが見事抽選で当てたメダルねこ

大分県湯布院にある工房輪葉葉の幸運の招き猫。

先週僕は第4金曜日の『伝説の黄色ねこ』と日曜の通常販売の『白ねこ』共に当たらなかったのですが、助手のM男くんが当たったので総括の意味も込めて今回は、招き猫の達人の先生にも聞いて実践した抽選で当たるためにした方がいいマル秘テクニックをお伝えしたいと思います。

招き猫に当選確率をあげるためには3つだけ!!

まず始めに言っておきますが、ここに書かれている事を実行した場合に確実に当選するわけではありません。しかし、ここに書かれている事を確実に実行した場合に当たる確率を上げる事は出来ると今回実際に当たった流れも見て僕個人的には思います。

そしてそれは過去に招き猫を100体以上当選している当選の達人で僕のお世話になっている社労士の先生からの当たる確率をあげるための長年積み上げてきた信頼のおける情報でもあるからです。

大分県湯布院にある工房輪葉葉

では早速、当選するための要点を3つに絞ると以下になります!

1.すぐに抽選用紙をいれない

2.抽選用紙をそのまま入れない

3.抽選中はなるべく投票箱の近くにいる

たったこの3つだけです!


1.すぐに抽選用紙をいれない

投票箱と猫を作っている実際の先生です。

まず第1に、すぐに抽選用紙を入れない。これはどういう事かというと、抽選用紙を配られるのが、

第2第4金曜日は10時30分~

それ以外の土曜日曜は10時40分~

になるのですが、抽選用紙を配られてから(ちなみに上の抽選用紙を持って配っいるのは実際に猫を作っている先生です)何故すぐに入れてはいけないのか?

は、すぐに入れてしまうと一番下の方に用紙が潜り込んで混ぜても下にあるままになってしまう可能性が高いからです。

なので社労士の先生いわく、11時前ギリギリ5分前ぐらいまでは抽選用紙は来た人全員に多い少ない関係なく配布されるので、すぐに抽選用紙を入れるのではなくで抽選が11時なので10分前~5分前ぐらいに入れるのがいいと思うと先生は言われてました。

まずこれが大事な第1のテクニックになります。

ちなみに僕は第4金曜日の抽選用紙は当日春休みでかつ黄色猫販売の第4金曜という事もあり400人~500人ぐらいの人がいたためいつもなら10時30分に抽選用紙が配られるところが、その日は10時20分からの抽選用紙配布となり、僕は気分が高揚して抽選用紙をもらって列に並んで10時30分前には投票箱の前の名前を書くところにいたのですが、

なんと、10時50分~55分でがなく10時30分にそのまま投票箱に入れちゃいました。。。

なので気をつけて下さい。。。


2.抽選用紙をそのまま入れない

これが実際の投票箱です。

そして第2の、抽選用紙をそのまま入れない。これはどういう事かというと、まず抽選用紙の紙の大きさが、

12CM×10CMぐらいの(用紙は当選後も回収されるのでないので大体の大きさになりますが正方形ではありません)用紙に、県名と名前と読み仮名を書いて上記の写真の投票箱に上の入れ口から入れるのですが、ここに入れる時の折り方を考えて入れた方がいいという事です。

ここで僕は第4金曜日時の抽選用紙を入れる時に大ミスをしたのですが

抽選が当たった人の用紙の折り方を実際に抽選中に金曜日と日曜日にそれぞれ見ていたのですが、僕が見た中では当選者の中で誰もそのまま折らずに用紙を入れている人はいませんでした。

抽選用紙を入れる口は選挙の時に投票用紙を入れる口のように長細い入れ口なのですが、そこがちょうど横幅が9cmぐらいで縦幅が1cmぐらいなんですが、人それぞれだとは思いますが中で取られる形の可能性がある折り方がいいとは思いました。

折り方で気持ち多かったのは4つ(2回折る)のが見ていて多かったように思います。ただ他にも手裏剣のような形に折っていたり、形が瓶のふたみたい手に引っかかりそうな折り方をしてみたり、4つ折りどころか16つ折りしていたり、斜めに折ったりと折り方は人それぞれですが色々いました。

が、僕はその中で第2のミスを犯し、投票用紙気分でそのまま折らずに入れてしまいました。。。

ちなみに一緒に抽選用紙を入れた助手のM男くんは第4金曜は4つ折りで、そして日曜の当選した時の折り方は、二等辺三角形の形に4つ折りしていました。


3.抽選中はなるべく投票箱の近くにいる

投票箱に念を込めている人達

そして最後のマル秘テクニック3の抽選中はなるべく投票箱の近くにいる。というのはこれはあくまでテクニックというよりは完全なゲン担ぎですが、社労士の先生も言っていた事で、

抽選時実際にねこを作っている工房の先生が抽選用紙で手に取って読み上げるのですが、その読み上げる時にその投票箱のなるべく近くにいる人の方が当たっている割合いが多いような気がする

と言っていました。

確かに僕も金曜と日曜だけですが2日間を見るに遠くで抽選結果を待っているより近くにいる人の方が何故か呼ばれる率が高いのは見ていて感じました。

やはり近くで念を送るじゃないですが、当選したいという気持ちが届いているというのはあるのかもしれません。

ちなみに日曜は僕も助手のM男くんも投票箱から3メートルぐらいのところにスタンバって念を送っていましたw


結果僕ハズレてしまいましたが以上が当選確率をあげるテクニック3つです。

少なからず実践する価値はあると思いますので、初めて行かれる方は是非参考にしてみて下さい。

僕は2日ともハズレを引いてショックだったのですが、結果助手のM男くんが当てたのは素直に良かったです☆

上の写真は念をおくりすぎてお腹がすいたので、広島に帰る前に記念に海地獄に寄って海地獄で茹でたゆでたまごを食べてる写真です、、、w

その海地獄のお土産売り場で招き猫が売っていたので一瞬買おうかと思いましたが流石にそれは違うと思い止めました。。。

これを買ったら元も子もないですよね。。。w

しかし、助手のM男君が当てたこのメダルねこ。↓↓↓

何度見てもご利益がありそうでうっとりしちゃいます。

ちなみに今日招き猫の達人の社労士の先生に、助手のM男くんが当たった旨を報告したのですが、このメダルねこ4月~6月は銀メダル、7月~9月は銅メダルになるみたいで金メダルの時にM男くん当たって良かったねと言われました。

左手は人を招き、右手はお金を招く、金メダルねこ。

いいな~。

次こそ自分の手て当てたい。。。

やっぱりMyねこ、ほしい。。。w

では、今日はこの辺で。

目標の2024年11月11日まで

後1322日‼︎

僕の会社株式会社BUGSYのHPはコチラから→https://bugsy-inc.jp

バグジーの各種SNSまとめサイトはコチラから→https://lit.link/bugsy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です