本日もリモートMTGを積極的に活用しているバグジーくん☆

本日はクライアントとリモート会議でした。県外のクライアントとのリモート会議もコロナ禍でするようになり、最近ではBUGSYでも当たり前の光景になりました。

リモート会議がおススメな理由5つ!

1.コロナ禍において抜群の打合せツール

今現時点で首都圏やその周りは緊急事態宣言が出ている中、広島もそれに準ずる地域として指定されていましたが(現在は解除)、なかなか出張に行きたくてもいける状況ではありません。その中でボタン一つで会議が県内外問わず打合せが出来るリモートはかなり重宝しています。コロナになるリスクは実際に出張に行く事と比べるとゼロに等しいのはおススメ出来る1位にあげれる理由です。

2.かなりの経費削減

まず金銭的にはこれに尽きるでしょう。単純にお金がかかるから嫌とか言う問題ではなく、特に県外のクライアントの場合は現在会いにいけないのもありますし、もしリスクを冒して移動費や宿泊費を払うよりも、一銭もかからない状態で打合せが出来るのは、起業したばかりのプチ起業家の皆さんには、無駄な経費の出費は避けたいところだと思うのでリモートはとても助かるツールだと思います。

3.時間の生産性抜群

出張の場合はあらかじめ予定していた時間をずらす事は一苦労ですが、リモートなら最悪それも容易に出来るのはかなりのメリットです。実際にあっていると無駄な時間もどうしても生まれますが、リモートの場合は時間を決めて打合せをやる場合、無駄な話が極端に少なく、必要な打合せ内容に絞って話す事が出来るのもいいのでおススメですね。移動時間を取られないのもGOODです。

4.実際の打合せとの差がない

リモートをやってみて思った最終結論は実際の打合せと変わりがほぼないので、リモートをするデメリットよりもメリットの方がかなり上回っているという事です。実際顔を見ながら話すのはもちろん、動画やグラフや資料を共有してみながら打合せも出来るので時々僕もパソコンの画面越しではありますがその場にクライアントがいる雰囲気になる事があります。

5.妙な親近感が生まれる

リモート独特の絶妙な会話のずれや間の違いにはじめは戸惑う瞬間もありますが、時間が経つにつれてコツをお互いが掴んでくると妙な親近感が生まれるのも僕は好きですwたまにフリーズして止まっているクライアントを見るとチョコレートプラネットのリモートコントを思い出して笑いそうにもなりますwww

【最後に】あえてデメリットをいうなら

うーん。今のご時世でリモートのデメリットを探すのが難しいですが、あえて言うなら、しっかり打合せ内容を練っていないと「沈黙」になるぐらいじゃないでしょうかw段取りが悪く見えます。。。ただクライアントの打合せで事前に何を話しをするのかはしっかり手前に考えるのはプチ起業家の皆さんも当たり前だとは思うので多少の沈黙は気にすることなく進めていけば大丈夫です。

というわけで本日はリモート会議のいいところを4つ挙げてみました。

プチ起業、個人起業、ミニ起業されている皆さんは、比較的フットワークも人数のいる会社よりは軽いとは思いますので、こういう状況の時こそ是非リモート会議を活用してみて下さい。

https://zoom.nissho-ele.co.jp/blog/practice/zoom-meeting.html

【引用】3分で分かるZoomとは?知らないと損するWeb会議ツール

では、今日はこの辺で。

4年後の2024年11月11日まで

あと1391日‼

僕の会社株式会社BUGSYのHPはコチラから→https://bugsy-inc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です