今日の朝、Lineの着信音で起きてスマホを見る。

 

朝から超くだらないスパムメール(迷惑メール)を見てブロック。(くだらなすぎるので書きませんw)

 

そういやうちの母親も最近電話で悪質なスパムメールがきていたみたいで、僕に電話をかけてきて焦っていたのを思い出し、ブログのネタにしようと思い母親にTEL。

 

内容がどんなものだったか確認すると、

「初めは名前も知らない人から‟久しぶり!„って来て無視してたら、何日かして‟メールしたんだけど読んでくれた?„その他にも‟あなたの口座を開設したので見てくれませんか?„ってきて、その後も‟あなたの残高がいくらです„みたいなメールや、つい最近は怪しげなメールで‟アヤコです!お元気ですか?„ってきて(知り合いに同じ名前がいたので読んでみたらしい)他にも‟何かに参加ませんか?ってhttp:って書かれたとこをクリックしてくれみたいな内容„で無視して、あ、そうそう、アヤコからは2回きて、今日も内容忘れたけど違う怪しいメールがきてすぐにゴミ箱に捨てて なんとかかんとかetc…」

 

 

・・・。

 

 

めっちゃあるやないか。

 

 

確かに今の時代も、僕の携帯にもブロッグをしていてもスパムメールは入ってきます。

 

当たり前ですが、悪質なものばかり。。。

 

スパムメールの過去は調べてみると1978年代頃から実はあったみたいなのですが、(その後SNSの普及で今なお全盛期)、僕が被害にあった最初の記憶では、2000年代の携帯がドコモだった時代に迷惑メールがやたら入りだしたので、

 

アドレスを長いものにした方がいいよ

 

と友達に教えられて長いメアドに変更した記憶があります。

 

この頃はまだドメイン拒否なんてなかったし、受信拒否の設定はあったと思うのですが、受信されるだけで受信料を取れる携帯会社からしたら積極的にアナウンスをしていた記憶はなかったので、友達伝いに僕もアドレスを変更したような気がします。

 

そんな事を思い出しながら当時、チェーンメールなんてものもあったなと思い出しました。

 

まず、違いを分かりやすく知らない人のためにあげるとすれば、

 

スパムメール(迷惑メール)とは、

送られてくる内容に関係なく多数の受信者に一方的に送りつけられてくるメールの事を言います。一般的に迷惑メールとされるものには、相手関係なく送りつけられる宣伝メールや、受信側にとって不必要である大量送信メール、また知人になりすましてのなりすましメールや勧誘メールなどがあります。

※アダルトサイトへの支払いメール、当選しましたメールもスパムメールですね。

 

チェーンメール(転送型メール)とは、

「このメールを何人かに転送してください」とメールの内容の転送を要請するメールの事を言います。その内容はいたずらである事が多いのですが、いたずらでないものでもチェーンメールと呼びます。いたずらではない真面目な内容であってもチェーンメールを送る事は悪なのです。

 

もちろん真面目な内容であっても「善」ではなく「悪」ですね。

 

昔は完全ガラケーの時代で、僕も当時、大学初期にドッチーモ(1999年4月発売)を使用していて、その後初代FOMAを使っていたのですが、この頃はよくチェーンメールが出回っていた記憶があります。

ちなみに余談ですが、ドッチーモを大学入学したての血気盛んな頃、パソコンにドッチーモを繋いでいかがわしい動画を1ヵ月ぐらい見ていたら請求(通信費です)が10万近く来て母親にブチ切れられて携帯の名義を即変更された記憶があります。。。

※当時のいかがわしい動画はサイトを開くまでに余裕で数分かかり、ネットに繋いだまま寝落ちした事もありました。。。しかも当時ドッチーモは通信が不安定でいいところで通信が落ちて最初からやり直しみたなのもあってメチャ腹立つんですよ‼せっかくこれから...

 

ん?

話がそれそうなので戻します。

 

思うに今もスパムメールには悪意しか感じませんが、チェーンメールは僕も面白半分で転送した記憶があります。

 

何故か?

 

チェーンメールもスパムメール同様「迷惑=悪」だとは僕も思いますが、昔のチェーンメールにはうっとしいものもありましたが、くだらなくて笑ってしまうようなものや、思わず読み込んで「人に伝えたくて」転送してしまうものも中にはあったような気がします。

 

僕も「感動系や意味がありそうなチェーンメール」は、内容はほぼ覚えてませんが、転送してた記憶があります。

 

今でも流行ってるんですかね?

 

SNSが全くなく、メールで人に伝えるしかなかった頃に流行ったチェーンメール。

それは例えチェーンメールだったとしても、

ツイッターもフェイスブックもインスタもないメールだけの時代に、知り合いから送られてくる

「他人が人に伝えたいと思う気持ちを書きたてる内容や文章はメールでも当時から瞬く間に拡散されていた」

という事だったんだなーと今思えば思います。

 

あ、

 

そういや、

 

1個だけチェーンメールの中でも僕が唯一覚えているものがあったので、記載しておきます。

※拡散はしないで下さい(笑)

—————————————–

「時間銀行」

次のような銀行があると、考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、86,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額は、

全て消されてしまいます。

あなただったらどうしますか?

もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。

僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

 

それは時間です。

 

毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越されません。

それは、貸し越しできません。

毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。

そして、毎晩その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、

あなたはそれを失った事になります。

過去にさかのぼる事はできません。

あなたは今日与えられた預金の中から今を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。

時間の針は走り続けています。今日という日に最大限の物を作り出しましょう。

 

 

1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヵ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

1/10秒の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

 

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのなら、十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

 

そして、時は誰も待ってくれない事を覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだ分からないのです。

今日は与えられるものです。

 

だから、英語で今をプレゼント(=present)と言います。

—————————————

追記

今日は、スパムやらチェーンメールやらいかがわしいやらの言葉をやたらブログに使いましたが、サイトの評価的に大丈夫なのかと思いながら書き終えます。。。

 

次回、第15回目のテーマは

 

ノープランです。

 

では、今日はこの辺で。

 

5年後の2022年11月11日まで

 

あと1936日!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です