よくこのプチ起業家ドットコムのブログでも登場する、米電気自動車大手のテスラと宇宙開発企業のスペースXを創設し、フォーブスの長者番付でも世界2位に選ばれたイーロン・マスク氏。

そんなイーロン・マスク氏ですが、最近人気コメディー番組に出演した際に、なんと自分自身がアスペルガー症候群である事を明かしたんです!

このTV番組は人気のセレブがゲストホストに呼ばれ、ミュージシャンがライブを披露したりとアメリカでも有名なコメディ番組で『サタデーナイトライブ』という何百万人も見ているTV番組のようです。米NBCによると、番組はユーチューブでも100カ国以上においてライブストリーム放送されたみたいなのでかなりの数が見ている前での発言です。

自身がアスペルガーである事を告白!

自らアスペルガー症候群を告白したイーロン・マスク氏

そんな有名なTV番組のオープニングでイーロン・マスク氏は、初めにいくつかジョークを言った後に、

「今日はサタデーナイトライブの歴史を作ろうと思ってここに来ました。なぜなら僕はアスペルガー症候群の人間として初めてホストを務めているからです。正確に言えば、『アスペルガーだと認めた初めての人間として』ですけどねw」

とさらっと告白したんです( ゚Д゚)!

実際にアスペルガーを自身で公表した動画がコチラ

『アスペルガー症候群』は社会的交流や対人コミュニケーション等の面で難しさが生じるといった事が多い一方、その反面通常の人にはない強い集中力を発揮する等の特徴があげられたりもします。最近では『自閉スペクトラム症』や『ASD』と呼び名を変えて表現される事も多く、欧米では徐々にですが理解が進みつつあるようです。

ちなみに、自閉スペクトラム症を分かりやすく表であげると以下のような形になります。

項目自閉症高機能自閉症アスペルガー症候群
コミュニケーションとても困難困難少し困難
言葉の遅れあるあるない
知的障害あるないない
こだわりあるあるある
自閉スペクトラム症の分類

さらにイーロン・マスク氏は、この番組で上記の告白以外にも、以下の3つについて発言して周囲を驚かせています。

↓↓↓


自分が普段あげているSNSについても発言

イーロン・マスク氏は、SNS利用についても冗談を言ったようです。ツイッターのフォロワーが5300万人を超えるため、自分のツイートを巡って度々批判を浴びたり、控訴を起こすと言われたりする事がよくあります。

そんなイーロン・マスク氏がその事について言った言葉が、

「僕は時々変な事を言ったりSNSで投稿したりするけれど、それは脳の働きによるものだからしょうがない」

と発言しました。また、

「気分を害した人にはこう言いたい。僕は画期的な電気自動車を考案して、ロケットで火星に人類を送ろうともしている。なのに僕の事を落ち着いた普通のやつだと思いますか?」

返しが実に秀逸ですよねw


自分の息子の名前もネタにあげる

さらにはイーロン・マスク氏自身の息子の変わった名前も冗談の話題にしました。ジョークの素材にした。昨年妻で歌手グライムス氏との間に第1子となる男の子が生まれ、2人は息子に『X Æ A-12 マスク』と名づけたと発表しています。

ちなみに、

「読み方は『キーボードの上を駆ける猫』だ」

と言っています。


暗号通貨『ドージコイン』が発言後急落

そして以前も発言した暗号通貨『ドージコイン』。マスコットに柴犬が使われている2013年に2人の開発者が作った暗号通貨ですが、以前イーロン・マスク氏が「人民の暗号通貨だ」と発言した後に50%も価格が上がったのは記憶に新しいかと思います。

しかし、今回番組では、ドージコインを「世界を席巻する止めようのない乗り物である」と発言する一方で「詐欺」とも発言した事で、その直後に価格は一気に下落しました。

番組でマスク氏は、ドージコインを「世界を席巻する、止めようのない乗り物」と表現。一方で「詐欺」とも呼んだところ、直後に価格は下落した。

ただでさえ実体のない暗号通貨は価格が乱高下しやすく、有識者や支持者の発言に影響されやすい。その後下落が止まらないドージコインに対してイーロン・マスク氏は、自身の『スペースX』が来年に予定している月の旅行代金支払いとして、ドージコインを使用する方針を発表しています。


どうですか?ぶっ飛んでますよねwww

アスペルガー症候群というのを記事を書きながらあスケールがでかすぎて忘れちゃいますw

何かと話題に事欠かないイーロン・マスク氏ですが、これからも注目な存在である事は間違いないですね。

では、今日はこの辺で。

目標の2024年11月11日まで

後1276日‼︎

僕の会社株式会社BUGSYのHPはコチラから→https://bugsy-inc.jp

バグジーの各種SNSまとめサイトはコチラから→https://lit.link/bugsy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です