非接触部族という言葉をプチ起業家の皆さんは聞いた事がありますか?

僕も知っているところでいうと、インドの北センチネル島の部族やアマゾン奥地の原住民やアフリカのマサイ族等を思い描いたりしまが、

ウィキペディアでは、

未接触部族、或いは非接触部族とは、自らの選択または周囲の状況によって、ファーストコンタクトや、より巨大な文明との、生活に大きな影響を与える接触を行っていない部族のことである。世界の一体化により、その数は21世紀を迎えるまでに極めて少数となっている。 

ウィキペディアより

とあります。


非接触部族とは?

先ほどのウィキペディアの説明でもあったように非接触部族の定義として大事なのは、他文明との接触を行っていない部族の事をいいます。

という事は、

日本のテレビで『初潜入!知られざるアマゾンの奥地に住む非接触住民の生活!』とか『本舗初公開!ペール奥地に住む先住民との触れ合い!』などのテレビで放映される内容は、いわゆるこの非接触部族には当たらない事になります。

その部族に潜入して撮影できる時点で、その部族に了承を得ており、部族に対しても恩恵が十分にあるからこそ撮影が許されるからです。

これはビジネス部族かも?www

なので現代人と接触して撮影しても問題ない部族の事を巷では『ビジネス部族』なんて呼び方をしたりもしているようですwww

アフリカの民族衣装委を着て槍を持って飛んでいるような部族なんかが、撮影の時には多額のお金をもらって撮影許可を出し、撮影が終わると民族衣装から普通の服(ジーパンにチェックのシャツ)に着替えて携帯で電話しながら都心の家に帰っていくなんてギャグみたいな話を聞いた事もありますがwww

なので撮影許可が許されておらず、接触してしまうとこちらの危険度もかなり高く、言語や生活の多くが未だに謎。そんな部族の事を非接触部族と言います。


現代の非接触部族の数とは?

衛星写真やGoogleアースなので地球のどこにいたとしてもほぼ把握は現代では出来ているのですが、ではその中でも現代における非接触部族の数はどれくらいなのかというと、

115部族が非接触部族

のようです。

115。プチ起業家の皆さんはこれを見て多いと思いますか?それとも少ないと思いますか?

僕自身はこの現代において115もの部族が現代の文明を利用せずに、何万年も前の生活様式で暮らしているという事が驚きでなりません( ゚Д゚!

ちなみにこの非接触部族の大半は、115部族あるうちの約75部族はアマゾンに住んでいるようです。

アマゾンとはジャングルで熱帯雨林で広大な土地ぐらいのイメージはあると思いますが、ブラジルを中心に7か国にまたがる熱帯雨林の事で 面積はなんと、日本の17倍もあります! そこは地球上で最も生物の多様性に富んだ場所でもあり、地球上に存在する種の4分の1が生息しているといわれています。

それだけ広大な土地であれば、現代で接触が出来ていない部族がそれだけいても不思議ではないかとも思います。


現代人と非接触部族の問題

現在この非接触部族との問題が取り沙汰されているのが、環境問題や非接触部族の保護問題についてです。

アマゾンで言えば毎年、日本の四国と同じ面積の土地、つまり森林が伐採されてなくなっているようで、そこに住む先住民の生活を脅かしているようです。

また現代人と接触を持った元々は非接触部族が、人間と関わりを持っていない別の非接触部族に襲われて殺されたり、非接触部族が現代人を襲ったり農作物を奪ったりといった被害も出ているようです。

ブラジル政府やペルー政府がこういった非接触部族を保護する観点の一つとしては、孤立した部族との急激な接触は、暴力や疾病が引き金になって部族が全滅するリスクをはらぬという事があります。なぜならジャングルの免疫システムは、インフルエンザやはしかはおろか、普通の風邪にさえも対応できないため現代人が容易に足を踏み入れて非接触部族と接触してしまい病気をうつしてしまうと、その部族がまたたく間に全滅してしまう可能性が高いという事です。

非接触部族は何万年もの間、何の問題もなく島やその土地で暮らしてきており、問題が生じた原因は外部の人間と接触するようになってからです。非接触部族の人々に必要なのは、外部の人間がやってきて保護してもらう事ではなく、むやみな自然破壊をやめ、生活に関与する事なく放っておいてもらう事が一番のような気がします。

非接触部族から見た現代人

↑上の写真、非接触部族がドローンかヘリで撮影(最近は住民を脅かさないようにドローンで撮影が多いようです)していると思われる写真を見ると不思議な気持ちになります。

この写真を見ていると現代人も、もし初めて未知の生物(UFO)を発見したらこんな感じで空を見上げるんだろうなと思いました。

現代人が撮影しているドローンを、何か得体の知れない物体として見ている非接触部族がいるという事は、現代人の目には見えてはいないけど、もっと高度な文明により僕たちもまた何者かにこうやって観測されている可能性は高いような気もします。

どちらにせよ、非接触部族だろうが同じ人間同士。

彼らの権利は現代人以上に、守られるべきだと思います。

では、今日はこの辺で。

目標の2024年11月11日まで

後1244日‼︎

僕の会社株式会社BUGSYのHPはコチラから→https://bugsy-inc.jp

バグジーの各種SNSまとめサイトはコチラから→https://lit.link/bugsy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です